「作文×スムージー」 苦手なことってどうする?

おはようございます☆

世の中に美味しいものを届けて

みんなを幸せにしたいと

常々考えている

ウエノモモコです。

先日金曜日、

元ライターで現在作文教室の先生をしている

坂本恵利子さんよりお声がかかり、

「スムージー×作文」

の作文教室の講師として招かれました(*^_^*)

作文とスムージーってなんじゃそら??

て感じでしょ?

子どもが目の前にある、

好きな果物で

オリジナルのスムージーを作って

それを作文にしてその場で発表。

面白い、興味のある体験→作文。

そこに、どんな表現をしたらいいのかを考え、

楽しかった体験と共に

文章を書くことを好きになってもらう。

「スムージー作ったよ~」と

とっても嬉しそうなE君♡

実は、国語で「5」をとったことがない私。

昔も今も、私自身も書くことが苦手。

日本語もへたくそで、

親には「何が言いたいかわからない」と

散々言われてきた(@_@;)。

 

でも、こうやって

ワクワクするような体験、

美味しかった体験、

初めての体験、

要は「楽しかった」体験を

作文に落とすと考えると、

なんだか嫌いなものも、

楽しく思えてくる!!

自分もこんなお教室通いたかったな~。

嫌いなもの、苦手なものでも、

どこかに「楽しむ要素」を入れて、

丸ごと楽しんじゃう。

これが、自分がどんどんタスクを

こなしていくために、

必要な要素なのかなと再認識☆☆

小学生と恵利子さんに大切なことを

教えてもらった時間でした(*^_^*)

ありがとうございました!!

 

では、今日も一日、

美味しいものを食べて、

笑顔でお過ごしくださいませ♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました