ファスティングと民間療法

さて、5日間のファスティングを無事に終えました。

明けの食事はいつものスッキリ大根。お供に整腸作用の梅干し、りんご。

これを食べると、1時間近くトイレとお友達になります。

この最初の一口がなんともたまらず美味しい!

んぁー!!

幸せでした!!

どれだけ高級なレストランの一品よりも、ファスティング明けの一口目の昆布ダシは最高に美味しいです。

ファスティング回復食はこの大根スープから始まり、糖質の低い果物や、温野菜生野菜、お味噌汁、など、体に優しいものを補っていきます。

綺麗な内臓器官になったのだから、逆に悪いものを入れるとすぐに汚れちゃう!身体にもクリーンなエネルギーを摂取して、環境を整えます。いきなり肉や魚など、動物性食品などの刺激物を与えると内臓がびっくりするしね。

さて先日のこと、ファスティング真っ最中のころ、実は娘が熱を出しました。夜ソファで寝静まり、唸っているなぁと思って触ると熱い!!

ひゃーー!どげんかせんといかん!

明日はずぇっったい外せない仕事もある!

なんとしてでも下げねば。

ただ、解熱剤など薬は基本使いたくない主義だし、近くの救急病院に行ったとしても、病気もらうだけな気もするし。夜だから私もしんどいし。

というわけで、民間療法を信じることに。

驚異の解熱作用、

豆腐パスターhttps://www.tekuteku.net/blog2/4641.html

38.5以上に効くらしい!

豆腐と小麦粉で作ります。

豆腐がどんどん、熱を吸い取ってくれる。一説には、冷◯ピタなどは表面からしか熱を取らないので、結局身体が寒さを感じてもっと熱を出してしまうらしい。

これを信じて夜中にこまめに取り替え、

これでなんと、翌朝8.1まで下がりました❤️

下がったら次はこれ!

大根の葉っぱで。青菜湿布。

民間療法を信じて。1時間ほどして朝日も開けたら娘は7.6まで下がり。

なんとか娘は無事に元気になりました。

豆腐と大根の葉っぱに感謝ー❤️

解熱には干し椎茸のスープも飲ませました。

3個程度の干し椎茸を300ml水に戻してコトコト煮るだけ。濃いスープにするため、とにかく煮詰める。

半端ない効果とのことで、50mlだけ。

あと一つ、強い思いを持って、全ての療法にこれで治る!と信じてやりました。

娘にも愛情をいつも以上にかけて手を握る。お腹をさする、触れる、抱きしめる。

自然の力のおかげで元気になることできたこと。今回はすごく自信にもつながったぞ!

ママのお手当て。

自然療法。

そしてファスティング。

やっぱり細胞を信じる、気を信じる。

大事なことです。

自らの力で元気になること、これからも実践&伝承していきまーす❤️

コメント

タイトルとURLをコピーしました