私がマルシェに求めるもの・・・・

おはようございます。

美味しいもので幸せを運びたい、ウエノモモコです。

昨日は梅田のイベントをハシゴ!

とあるマルシェ⇒テングマルシェにいってきたよ~!

テングマルシェはめっちゃよかったです☆定期開催してるみたいなので要チェック♡

途中の梅田の空中庭園ではクリスマスマーケットも開催されてたのでこの時期ならでは!ぜひ行ってみてね~。
img_6285.jpg img_6292.jpg img_6305-3.jpg

しかし、今日話したいのは最初にいった「とあるマルシェ」のこと。

生産者さんから直接買える産直野菜や加工品。食や農について知れる映画上映、ワークショップや、レクチャー・トークなど——。 農を身近に感じる2日間!

との広告があり、張り切って参加しに。

img_6304.jpg

難波神社でいつも行われているこのイベント。

今回は大都会の梅田でってことで、大賑わいかなと思ったけど、難波神社で来るような客層をあまり見かけず、おもったよりもこじんまりしてた。

予定していた農家さんの話も人が集まらなかったからか?実施されず(;_:)。聞きたかったな。。。

と思ってる時に、干し柿つくりのワークショップ(500円)があったので、参加。
お客さんは私が最初だったみたい。

干し柿っていうのは渋柿を風通しの良いところベランダで乾して3週間ほどで出来上がります。この時期だからこそ出来るもの。

スーパーでなかなか渋柿を販売しているところを見かけないからとりあえずここでやってみよ~、農家さんとかともお話したいし、と思って期待して、ワークショップ参加したのだが・・・

なんと、柿と包丁を渡されたまま放置され・・・(^_^;)!!

ショック~!!

それだったら、自宅でするんですけど(怒!!)とさすがの私も腹がたったが、ココロをおさえ、

「すみません、やりかたわからないのですが、教えてもらえますか?」と周りのスタッフに食いついた(本当は知っているが、あえて(^_^;)意地悪な気持ちがでてしまった)

「いや~私もわからなくて」と、周りのスタッフさん。

このワークショップを企画しようかとした主催者さんは忙しそうで、こっちを向いてもくれない。

とある別のワークショップの方が、困っている様子の私に、「こうしたらいいよ~」とアドバイスをくれ、ようやくスタート。でも、それでも一人でするのはいやだったので(どれだけ構ってほしいんかってね(苦笑)、近くにいたスタッフのおじさまを捕まえ、話しかけて、私の干し柿づくりを手伝ってもらった。

img_6259.jpg

 

話をしていると、おじさまは尼崎の方で、共通の友人もいて、つながったことがすごくうれしかった。

途中、農家さんが話しかけてくれて、柿についてのうんちくを語ってくれた。

そうそう、私が求めていたのはこれ!!!

単に500円払って干し柿がつくりたかったんじゃないのよ~~!!!!

わかりますか??!?

オーガニック系のイベントって、こういった会話がなされるから、遠くても参加したいと思っちゃう。

生産者とお話しできたり、面白い野菜にであったり、おいしい体にやさしいスイーツに出合ったり。

これが私は醍醐味だと思っている。

今回放置されたのは本当にショックだったけど(笑)、でも、素敵な出会いがあったこと、周りのスタッフさんとは農家さんを交えて柿トークで盛り上がったことが私にとっての収穫です。

 

そんなわけで、みなさん、ワークショップを実施するときはお客さん放置しないようにだけは気を付けましょうね!!(苦笑)

 

会話は本当に大事。私もどんなワークショップでもその時間に楽しんでもらうことを一番に考えていきたいなと、思いました。

目の前の人を楽しませる!喜ばせる!
どんなに小さな単価の顧客でも(私は500円の客、笑)

気持ちが大事なんだよね(*^_^*)

 

それでは、今日も一日、雨模様ですが、素敵な休日をお過ごしくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました