大人も子供も本気で楽しむ茅葺屋根キャンプ

昨日、無事に終了しました。

今回で4回目になるキャンプ企画。

心に残ったことを綴ります。

1そもそもなぜここでキャンプ?

2とにかく仲良くなれる

3自然がやっぱり気持ちがいい

4キャンプ飯が美味しかった

5いろんな価値観に出会えたこと

6誰もが心惹かれる「おじさま」の存在

キャンプについて】

のあっく自然学校の施設、「茅葺旅館おおすぎ こちらに寝泊まりする送迎付きのプラン、コラボさせてもらい今回第4回目のキャンプしております。

最少催行人数が12名ということで、乳幼児抜いて子供大人13人で、欠席がでたら決行できないーー!というピンチギリギリの中でどうにか実施できました。

初めて来たのが2年前ぐらい前のこと。

・大自然が素敵だったことと、

・子連れ(当時3歳ぐらい)で言っても茅葺屋根があるので、楽に過ごせたこと

・「なんちゃってアウトドア」で楽しめたこと

・料理が本格的なこと

・スタッフさんが面白かったこと!

そんな理由で、「誰かをここに連れて来たい!!」と思い、企画を初めて3回目!トータルで4回目の訪問となる今回でした。


今回のキャンプ飯は1日目はリクエストの鳥の丸焼き(のあっくにお願いしました!)

2日目はダッチオーブンを使ってみんなでアウトドアクッキング。

強力粉 1キロ

イースト15g

ぬるま湯 600ml〜

塩 15g 砂糖15g

ぬるま湯以外を全部泡立て器でまぜまぜ(なければ菜箸でも)。その後、ぬるま湯を少しずついれながら、今度は菜箸でぐるぐる混ぜて、ひとまとめになって来たら手でこねこね。

30分以上発酵させて、その後、丸に形成して、ダッチにいれて焼いちゃいます。

油分を入れると発酵しにくいので、生地にはいれず、その代わり、バターの香りを漂わせるべく、ダッチオーブンにバターを塗り塗り。こうすればバターの風味があるパンになるよね!

火にかけて1時間後、素敵なビジュアルのパンができましたー💓

【ロールしない丸ごとロールキャベツ】

具材)

木綿豆腐2丁

豚ひき肉 1キロ

みじん切りハーブ(適当に、イタリアンパセリやセージなど)

塩、小さじ1

スープ)

玉ねぎ、人参、トマト缶

塩小2〜

粉末昆布だし(なくてもいい)

①豚ひき肉と木綿豆腐、みじん切りのお好みハーブ、塩小さじ1を手でこねこね混ぜる。

②キャベツを丸ごと半分に切って、芯を除き、真ん中をえぐって①を突っ込んじゃう

③キャベツとお肉の面を下にしてダッチオーブンに入れて、その周りに乱切りにした人参、玉ねぎ、トマト缶を入れて塩と昆布だしを上からまぶし、蓋をして火にかける

④40〜1時間後ぐらいかな?出来上がり

結局かき混ぜたから、ビジュアルがぐちゃぐちゃになったのだけど(今回は具が大きすぎたので)

理想としては丸ごとキャベツをみんなで

包丁で切り分けながら食べたかった。

それでもめっちゃ美味しかった。ダッチオーブンパワーのおかげだなぁ。

めっちゃ重い圧力のかかる、美味しさが鍋の中で循環する、魔法のお鍋、「ダッチーオーブん。」欲しくなっちゃいました。

シンプルイズベスト!

素材の旨味だけで調理ができるところがミソ!!

ステンレスがメンテナンスもすごく楽でお勧めとのことで。

これでも買っちゃおうかな(大きさに悩むなぁ)

外で食べること。

キャンプならではの器具を使うこと。

調味料がいたってシンプルなこと。

キャンプ飯の醍醐味だなぁ。

次のキャンプはクリームシチューが食べたい、というリクエストが出ました。

考えておきます💓

コメント

タイトルとURLをコピーしました