娘にピーマンを食べさす、の巻。

おはようございます。

 

美味しいものツクルコトタベルコト大好きなウエノモモコです。

 

うちの娘に嫌いなものを聞くと、決まって答えるのがこれ。

「パクチーとピーマン」

「パクチー」の画像検索結果

パクチーは食べれないのは仕方がない、許そう。

 

ピーマン克服していきたいな~と思っていたところ、

ちょうど、コープ自然派で

「ジャンボピーマン」

「ジャンボピーマン」の画像検索結果

という肉厚のピーマンがあったので注文しちゃいました♡

 

絶対美味しいはず。このおいしさをわかってもらいたい!!

そう思って、今日は食べさせようと作戦に出ました。

(ちなみに、以前食べさせるのに成功したピーマンレシピはこちら。)

 

まずは、私、ピーマンをもって踊る。

ピーマンと私が仲が良いところを見せつけてやりました。

 

そしてピーマンの歌を歌う。

「ジャジャジャーーンボ!♪

ピピピピピーーーーマン♪

俺様おおきいピーマン!おいしいピーマン♪

子供も大好き子供のピーマン。

ことちゃん(←わが子の名前)もきっと食べれるピーマン

やってきたぜ~今日は俺を食っちゃいな~♪」

 

はい、おとなげ無く、子供の前でノリノリで歌います。

そして調理するときも、見せながら調理。

「ジャンボが小さくなるよ~!ほら見て♡」と。

手でちぎったり、種を見せたりして、ピーマンをじっくり見てもらう。

そしてピーマンざく切りで野菜炒めに加える。

今日は塩麹と甘麹で味付け(炒めただけ)。

 

出来上がってまずは私がピーマンを食べる!

「うわ!!なにこれ!子供の味がする~。

なんて美味しいんだ!今までで一番おいしいピーマンだ♡」

とりあえずはオーバーにおいしさをアピール。

 

そして次はことにゃん(娘の愛称です)

ここで食べるときは、インカメで写真を撮る。

「ことにゃん、ピーマン食べれる姿を写真でじいじに見せよう!」

「いくよ~、はい、チーズ!!!」

というわけで、ここまでして、

娘はようやくピーマンを口に運ぶことができました。

娘「ことちゃん、ピーマン食べれたで~」

と、自画自賛。

私も食べるたびに抱きしめる♡

娘は5切ほど、ジャンボピーマン食べてくれました。
私のこのピーマンに対する努力!

さて、伝わったでしょうか?
嫌いなものを食べさせるために、
いかに楽しい環境に置くか。

いかにその食材に愛着を持たせるか。

味が苦手なら、

環境を変える。

物語を作る。

 

私はこれが大事だと思っています。
まだまだ娘とピーマンの距離は遠いですが、

少しずつ、近づけていきたいなと思います(^^)/
こんなくだらない
ピーマンの歌とか入っている本日の内容(笑)
読んでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました