親の決断と感謝と恩返し

さて、この一週間。

福岡満喫してきました。おそらく。

 
ゆっくりグータラ過ごしつつも、
いつの間にか過ぎ去った、
ドタバタした一週間。
 
荷詰に追われつつも、
 
お友達に会いに行った。
 
お友達の旦那様もランチに駆けつけてくれた。

 
高校の友達に会いに行って
双子ちゃんが生まれて癒された。

高校の時の話をして、
同窓会に無理矢理スケジュールでも行けばよかったと後悔したり、懐かしんだり。
 
1日8000歩を目標に家の周り歩いてて、
10年ほどは住んでいたはずなのに、
新たな発見をしたり。
 
我が家の愛犬との福岡での最後の散歩を
愛おしく感じながらいつもより長く歩きながら
いろんなことを考えた。
 
 
福岡、ほんっとにいい街だったー。
 
 
そもそも、転勤族だった我が家。
両親の実家はともに関西。
なぜ転居してきた福岡に
家を買うことになったのか。
 
鹿児島、熊本、福岡、と転々として、
仮の住まいというところに住むことが嫌になり、
一軒家が欲しいと、
当時、中学二年生の私が父に訴えたことが
始まりだった(らしい!私は覚えていない!)
 
それで、思い切って、家を買っちゃった父。
そのすぐ後に、オデッセイという
ダムスファミリーがCMしていた車も買って、
父が母に怒られていたのは覚えている。
 
とはいえども、
子供の訴えで家を買っちゃうってどういうことだ?
今の親という立場になった私には考えられない。
父はすごい。
本当にすごいと思う。
そんな、大好きな、
一軒家とも、今回でさようならです。
40過ぎてから、ローンを組んで、父が建てた家。
支払いはとてつもなく大きかったと思う。
うちは決して裕福ではないのに。
父には、ありがとうでしかならない。
そんな夢にまで見たマイホームを手に入れた、

私たち4人家族。

妹が可愛いから連れて帰りたい、とペットショップで言い始め、
一軒家の特権でもある、ペット購入。
大型犬も飼い始めた。

今おもば、

本当に幸せな家で生まれ育ったな。

この家、大好きだったな。

 

 

そして、
福岡、
いい街だった。
 
 まだまだ実家福岡でもやり残したことはある。

もっと実家を満喫すればよかったという後悔もないわけではない。

 

時間には
限りがあって、
あるようでないのだなと、
こういう時につくづく思う。
 
実家が無くなる理由は、父も私も妹も、現状関西に住んでいて、
福岡には母だけになってしまったので
さすがに寂しくなり、
関西へ母も引っ越してくる決心をしたから。
60歳超えての決断、今まで慣れた土地から離れること、
精神的にもしんどいと思う。
大変だと思う。
次の新しい土地は、
父と母にとっては最終の地になるのかもしれない。
せっかく関西に住むことになったのだから、
たくさん遊びに行こうと思う。
家族一緒の思い出を少しでもたくさん増やしてあげれたら。
実家が
福岡さようならってことで
しみじみなっちゃったけど、
また新たな土地で、
やりがいを見つけて、
両親にはイキイキと生きて欲しいし、
それを応援していきたいなと思った。
次は、家を買ってくれた両親への恩返しだな。
 
さて、
九州で関わってくださった皆様、
本当にありがとうございました。
また、遊びにいきます💓
温かく迎え入れてくださいっw

コメント

タイトルとURLをコピーしました