農薬って悪??~兵庫県青年農業士会 交流会~

おはようございます(^^)/

タベルコトツクルコト大好き、食を世に伝えたい、
一児の母、ウエノモモコです。

 
さて、先日の青年農業士会の交流会を経て感じたこと。

16508981_1141934875904931_5308869486051917297_n

「農薬=悪」なのか?

以前は違ったけど、最近は必ずしもそうではないと私は思うようになった。

 

農家さんだって、自分たち家族の生計を立てなければならない。

農薬を使うことで、労働がどれだけ楽になるか。

収穫がどれだけ増えるか。

収入がどれだけアップするか。

消費者は果たして高いものと安いものどっちを選ぶ?

それを考えると使わざる負えない。

 

 

丁寧に無農薬で育てた300円のほうれん草。

大量生産の慣行栽培の100円のほうれん草。

 

あなたならどちらを買いますか?

 

「農薬が心配だから」で無農薬を選んだり、

「安いから」で普通の慣行栽培のものを選んだり。

選ぶ基準って、安全、安心、価格、などそれぞれあると思うけど、

ここ最近思うのは、どんな商品にせよ

「作った人の想い」

で選べるような販売の仕方をしてほしいなと思う。

 

たとえば、慣行栽培の100円のほうれん草でも、

 

「私が丁寧に育てました!今回は大豊作のため100円です!ぜひ食べてやってください」

 

とPRされていたらどうか??

100円で安いだけのほうれん草の見方が少し変わってくる。

 

 

以前こんなことを聞いたことがある。

農薬は防虫、除草、作物が病気にならないようにかけるもの。

だから、

農薬をかけないということは、野菜の病気をそのまま放置しておくということ。

できれば自分だってかけたくない。

自分自身の身体にも悪影響を及ぼしているのだもの。

でも、農薬をかけず、病気のまま放置して、その形や色の悪いまま収穫され、世に出回って、だれにも食べられることないまま廃棄になってしまう。

そんな野菜たち、かわいそうじゃないでしょうか?

だから自分は野菜のケアとして最小限の農薬をかけて、丁寧に育てる。

 

 

さて、農薬は悪なのでしょうか?

 

もちろん、使わないに越したことはない。

私だって「自然農法」(農薬を使わないで種の力のみで育てる)をできれば選びたい。

でも、農家さんたちの背景を知ったら、選択肢が少し広がってきますよね。

 

 

農家さんたちの「想い」。

想いを伝えた人こそ生き残っていくと思う。

そして、この青年農業士会の方々は、みんな自分の商品に誇りをもって世に送り出している。

目の前にある野菜が、手間暇かけて、愛情込めて作られたものと知ったら、

すごくおいしくないですか?また買おうって思いませんか?

そういうお野菜で育ったら、子供も素直になる気がするのは私だけでしょうか。

 

知ることで選択肢が広がる。知ることでより食卓が豊かになる。

 

私はたくさんの人にぜひともこの想いを伝えたい。知ってもらいたい。

なにかイベントができたらいいな~。

私たちにできることないかな~。

と妄想をたくさん膨らませたドキドキワクワクの交流会でした。

 

img_7865.jpg

ちなみに、

「僕の作ったブロッコリー、食べてくれましたか??」と声かけられました。

まさに生産者の前でその野菜を食べる!

これだけでもすごく感動した食事でした。

 

それでは、今日も楽しい1日をお過ごしください(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました