鏡をつくるということ

思うこと 日々つらつら

ebbd50f46818e1efa876fab7646c15b3_s

 

とある本に書かれていた内容

自分の顔や自分の姿は確認しようがない

話しているときにどんな表情をしているか

どんな声で話しているのか?

鏡をもてばいいとなるが、

いつでも持っているわけではない。

ただ、鏡をつくることはできる

それは「目の前にいる人」が常に鏡となっていること。

人が喜ぶことをすれば、

目の前にいる人は笑顔になる。

私達は常に「行動」をしていて、

それを相手は「メッセージ」として受け取り

何らかの反応を示す。

自分の行動が相手の反応を作っている

自分の発した言葉で

相手の返事が返ってくるし、

自分の表情をうけて

相手の顔はそれに反応するし。

目の前にいる人はまさに鏡。

とのことで・・・・

だから、怒ったり、不機嫌になったりすることは

更に自分も不幸にするのだな~と納得

つい最近、子どもを叱ってしまう時の自分を改めて反省。

叱らないといけないときもあるけど

大人のいいわけで叱ってしまう時も多々あり

そりゃあ泣きがエスカレートして、

意思の疎通ができなくなるわけだ。

それは私を写した鏡なのだと。

自分の今は自分が作り出したもの。

そしてそれは自分を映し出している「鏡」~!

さて、あなたの鏡には

今何が写っていますか?

鏡に移っている自分を笑顔にするには

いったいどうすればいいかしら?

 

そんなことを早朝から本を読んで考えました~!

てなわけでおすすめの本はこちら★

↓↓↓

51Y0ct1-ZoL._SX348_BO1,204,203,200_

 

貴重な人生

あなたはどんな風にすごしますか?

ではでは~今日も笑顔で♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました